MENU

医療事務資格について|勉強するならどこ?

医療事務資格とはどういったもの

女性向けのスキルとしてよくお勧めされているのが医療事務と呼ばれる種類のお仕事です。
このお仕事は医療の仕事ではありますが、その中でも特に診療報酬の請求に関する事務のことを指し示す場合が殆どです。
いわゆる通常の事務仕事とは異なり、健康保険証を使って治療を受けた場合の自己負担分以外の請求に関する事務作業のことを言います。

 

この医療事務の仕事には専門の資格が存在していることからもわかるように特殊な知識が必要になる種類の事務作業です。
この資格が無ければ業務を行うことが出来ないということはありませんが、1から教えるのには非常に手間がかかりますので、病院に勤める事を希望する際には最初からこの資格を持っていると採用される可能性を高める効果が期待できるものでもあります。

 

医療事務の知識は高校卒業後の学習環境、例えば専門学校や短大、大学などで学ぶことが出来ます。
必修となっているケースはあまりなく、教養の類になっていますので医療機関への就職を希望しているのであれば身に付けておきたい知識の一種であると言えます。
社会人になってからでも学ぶことの出来る期間は多く、その気になれば勉強しやすい種類の知識であると言えるでしょう。

医療事務資格の強み

転職、再就職に有利

結婚や出産をきっかけに仕事を辞める女性はまだまだ多いのが現状です。
仕事が落ち着いてきて、再度働きたいと思ったときに資格を取得して就職や転職を有利に進めようと考える方も多いのではないでしょうか。
そんな女性に人気の高い資格が、医療事務になります。
医療事務を取得することによって、専門知識を持っているとみなされますのでたとえ医療事務未経験でも採用される確率を高くすることが期待できます。
実際に医療事務の仕事は資格を持っていなくても行える仕事なのですが、資格を持っているということは即戦力としてみなされると考えられます。
ないよりあったほうが良いのはもちろんですね。

比較的取得しやすい

資格を取るためにはたくさん勉強しなくてはいけないと考えてしまいますよね。
家事や介護といったいろいろな事情で勉強する時間が十分確保できないので、資格取得は難しいかもしれないと言う方もいらっしゃるでしょう。
医療事務は数ある資格の中でも取得しやすい資格に分類されます。
もしも医療事務の専門学校に通う場合は最短で1.5か月の通学で合格できる可能性も十分にあるのです。
また独学や通信教育を受講した場合でも最短で2か月長くても6ヶ月で資格取得が可能になります。
おまけに医療事務の試験ではノートや資料の持ち込みが許可されていますので、試験に必要な知識を丸暗記する必要もないのです。
しかも試験は月に1回からのペースで行われているため、万が一不合格だったとしてもまたすぐに次の試験を受けることができるのです。

仕事が見つかりやすく未経験でも採用されやすい医療事務

需要も多いので仕事が見つかりやすい

医療事務は女性を中心に人気の高い資格ですが、取得することでどんなメリットがあるのでしょうか。
一つは就職先が探しやすいことです。
お住まいの地域によっては勤務先や就業時間といった条件に見合う仕事を見つけるのが大変だったりします。
その点医療事務を持っていれば病院やクリニックで働くことが可能になります。
病院やクリニックは数が多いので、地方でも比較的近くで職場が見つかりやすいのです。
また資格もそれほど難易度が高くなく取得しやすいのもメリットの一つだと言えます。
医療関連の資格では他にも調剤薬局事務の資格がありますが、医療事務と重なる部分も多いためダブル資格取得を目指すことも可能なんですよ。
調剤薬局事務の資格も取得できれば、薬局の数もかなりありますから、就職先の選択肢がさらに広がりますね。

未経験でも始められる

資格を取得しても就職先が見つからないと意味がありませんよね。
仕事によっては未経験ではなく経験者が求められることがありますが、医療事務はその点安心です。
医療事務は未経験でも採用されやすいのがメリットだと言えます。
働ける場所もたくさんありますし、未経験でも応募可能な仕事先も多く見つかるのです。
一度仕事をして医療事務としての経験を積めば、さらにその後のステップアップとして転職をすることも可能なのです。
経験を積んだことによって、経験者を中心に採用してくれる職場や、条件の良い職場を探しやすくなるのです。
医療関連屋クリニックが潰れるというのはあまり聞いたことがありませんし安定しているとも言えるのではないでしょうか。

医療事務資格を取る勉強方法

医療事務の資格は、幅広くあります。
医療クラークやレセプト計算に関するもの、医療秘書、調剤薬局事務などまで広げれば検定の内容も様々です。
というのも医療事務は、無資格でも仕事は可能ですが、資格があれば手当がつくこともあり、またレセプトの計算の検定は、医療機関にとって必要な人材なので採用には有利にはたらきます。

 

こうした資格のとる勉強方法について、大別して専門学校と通信教育講座があります。
専門学校は、長いもので2年大体は1年コースで学び、医療に掛かる事務以外に簿記やパソコンなど他のスキルをつけてくれるところが多く、また実践的なインターンシップ研修も行うので、就職には有利ですが、費用と時間がかかるのが難点です。

 

他方通信教育講座は、3か月ぐらいが普通で医療事務を病院から業務委託請負で行う会社が運営しているものもあり、単に医療の事務関係の資格だけをとることに特化しているので費用も安いですが、通信教育の場合には、実践的な研修はほとんどなく、検定合格のみを目指すものなので、すぐに就職する場合には経験という面で不利になることがあります。
ただ、就職サポートを行っているところもあります。

 

いずれにも短所長所があるので、時間的な余裕や経済的なことも考えてどちらの勉強方法をとるか考えるべきです。
では通学と通信で学ぶメリットなどをもう少し詳しく説明したいと思います。

通学で医療事務資格を取得する

通学で学ぶ

医療事務の資格を取得するためには、資格取得に必要な知識を勉強しなくてはいけませんよね。
比較的難易度が低い試験ではありますが、やはりそれなりの勉強をしなくては試験に合格することが難しいです。
試験勉強をする方法は幾通りかありますが、学校に通って勉強するのも手段の一つになりますね。
医療事務講座を開講している学校に通って試験勉強対策を行うのです。

通学で学ぶメリット

医療事務の資格取得のための勉強方法にはいくつかの手段がありますが、通学で学ぶメリットとは何でしょうか。
一つは効率よく資格取得に必要な知識を身に付けることができる点です。
医療事務講座を開講している学校では、今までの過去問などを研究してどこの部分が最も試験に多くでるのかといったことをよく研究してテキストを作成していますので、試験に出そうなところを集中して効率よく学ぶことができるのです。
また学校は授業の日程が決まっていますので、スケジュール通りに勉強をすすめていくことができますよ。
よって短期間での合格も夢ではありません。
また先生から授業を受けますので、もしも授業でわからないことが出てきたらすぐにその場で質問をすることもできるのです。
同じ医療事務の資格取得を目指す仲間がいますので、それが良い刺激になりますね。
資格の勉強を一人で行っていると、やる気がなくなってくることもあるでしょう。
同じく医療事務の勉強をしている仲間がいると、その存在が励みになり勉強のやる気を起こさせてくれたりするのです。
研修があるところもあったりしますのでより実践的と言えるのではないでしょうか。
また資格取得後の就職先をあっせんしてくれる学校もあります。

通信で医療事務の勉強をする

通信で学ぶ

医療事務の資格を取得したいけれど、学校に通っている時間がない、仕事や家庭があるため学校に行くのは時間的に難しい、学校は学費が高いなどの理由で通学での勉強が難しい方も多いでしょう。
自分の空いている時間を有効活用して勉強するのなら、通信教育にて資格取得の勉強を行うこともできるのです。
医療事務の通信講座を提供している学校もたくさんあります。

通信講座のメリット

通信講座は、自分の空いている時間を有効活用して勉強できるのが最大のメリットだと言えます。
仕事や家事に忙しいと、学校に行って勉強する時間を確保するだけでも大変でしょう。
その点通信講座なら自分のペースに合わせて勉強することができますので、仕事や家事の合間をぬって勉強できます。
通信講座の選択肢も豊富にありますので、自分に合った講座を選ぶことが可能になります。
通信でもやはり先生の授業を聞きたいと言う方は、DVDなどで授業を視聴できる通信講座も選べますよ。
これなら空いている時間を狙って学校に通っているのと同じ感覚で授業を受けられるのです。
またわからないことが出てきたときも、先生にメールや電話にて質問することができる講座がほとんどですので心強いです。
通信講座によっては、就職先を紹介してくれる制度を利用できたりします。
その通信講座を受講した方に限り、学校が就職先をあっせんしてくれるのです。
資格取得から就職先探しまでお願いできますので頼もしいですね。

医療事務資格を取るためと勉強方法はこちらから

医療事務資格の勉強方法が通学・通信、さらにはスクールもいろいろありますし、資格もいくつかあります。
まずは自分が勉強したい取りたい資格を決めて、同じ医療事務資格の勉強でもスクール等によっては料金やサポートも違ってくるのでそれも決めていかなといけません。
一括で資料を取り寄せられるサービスを利用してみるとわかるのですがスクールによって料金やサービスが全然違います。
まずはケア資格ナビケイコとマナブ.netなど知名度が高く様々な医療事務の講座が掲載されているサイトをみてみると良いと思います。
どういったスクールがどういった講座を行っているのかがわかると思います。

 

ちなみにケア資格ナビですが、こちらは年間利用者数100万人突破など実績があり、掲載スクールも豊富ですので良いと思います。
ケイコとマナブ.netはリクルートグループが運営ということで知名度実績、提携スクールも多いので自分に合ったものが見つかる可能性が高いのではないでしょうか。
一つおすすめする通信講座としては(たのまな)ヒューマンアカデミーはどうでしょうか。
もう知名度実績があるのでご存知の方ばかりだと思います。
医療事務関連の講座がいくつもありますし、サポート体制もしっかりしていますね。
詳しくはこちら⇒ヒューマンアカデミー医療事務講座

 

他にもありますが、まずはこのあたりをチェックしておくと良いのではないでしょうか。

無料一括資料請求サービス
ケイコとマナブ.net ケア資格ナビ

年間利用者100万人突破の無料一括資料請求サービス

公式サイトで確認⇒ケア資格ナビ 医療事務

リクルートグループの無料一括資料請求サービス

公式サイトで確認⇒ケイコとマナブ.net医療事務

医療事務資格は就職に有利なのか

医療事務資格は医療事務関連の病院等に就職する時は有利です。
医療事務資格があれば日々の病院での業務をスムーズにこなす事が出来ます。
その資格がなくても業務に従事する事は出来ますが、知識や経験が乏しいためスムーズに業務を行う事が出来ず、患者や他のスタッフに迷惑をかけてしまう事が少なくないです。

 

就職の際、この資格の有無だけですべてが決まるわけではないですが、持っていた方が有利です。
資格を持っていなくても採用されるケースは多いです。しかし、入職後に医療事務資格の取得を法人から命じられる事があります。
事前に持っていればすぐに現場で役立てる事が出来るだけではなく、入職後に資格の勉強に時間を費やさなくても良いです。
この資格は就職に有利になるので事前に持っておいた方が良いです。

 

この資格を持って法人の面接や採用試験を受けた場合、担当者はその資格に対してマイナスのイメージは持たないです。
勉強熱心であるや即戦力として期待出来ると考えるケースが多いです。
不利になる要素が少ないので取得し、それから採用試験を受けた方が良いです。
持っていて邪魔になる資格ではないです。

 

これは事務能力も評価されるので取得した方が良いです。

医療事務の仕事
医療事務は、病院やクリニックなどが主な職場の事務スタッフです。
仕事の内容は、レセプトと呼ばれる、診療報酬明細書の作成が主となります。病院などでかかった診療費は患者さんに請求されますが、その他に、健康保険組合などの保険者にも請求することになります。
その保険者への請求として作成されるのがレセプトです。レセプトには、患者さんの情報の他、診察にかかった点数を記入します。
現在レセプトの作成には、パソコンが使われる事がほとんどです。
学歴等は求められることは少ないですが、最低限のパソコン操作は必須と言えます。
また、専門的な知識を覚える事も必要となり、さらに正確性も求められます。
また医療事務の仕事は、レセプトの作成のほか、受付、会計など患者さんと直接対話する業務もあります。
初診の患者さんに対しては、診察に必要な状況の記入のお願いをしながら、患者さんの状況を判断し、看護師などへ報告する必要があります。

 

このように、医療スタッフと、患者さんを繋ぐ位置づけを担っているのが医療事務のスタッフです。
医療事務の作業と共に、病気で不安な患者さんに対して、笑顔で接する事ができるようなコミュニケーションの高さが大切と言えます。


ショッピングカート設置 教室・スクール・クラブ ??????????-Link ??????? ページランク表示